トップ
TOP

トップ 校長対談「学びの土壌」校長対談「学びの土壌」第2回(後編)

外務省 アジア大洋州局地域政策課課長補佐
田村 優輝 氏(後編)

将来の船出を見据えて、航海術を学び、
自分だけの立派な船を造って欲しい。

校長対談第2回(後編)01

プロフィール
左:梶取 弘昌(かじとり ひろまさ)
1952年東京生まれ。1977年東京芸術大学声楽科卒。1977年武蔵高等学校中学校芸術科非常勤講師。1988年、同校の専任教諭となる。2011年4月より校長。アレクサンダー・テクニック、ドイツリートの研究・演奏を現在でも続けている。

右:田村 優輝(たむら ゆうき)
2001年武蔵高校卒業。2005年東京大学法学部卒業、外務省入省。2009年ケンブリッジ大学大学院修士課程修了後、在ガーナ日本大使館二等書記官に。2011年に帰国後、総合外交政策局海上安全保障政策室、大臣官房総務課を経て、2015年からアジア大洋州局地域政策課課長補佐に。通訳担当官として、総理大臣、外務大臣等政府要人の英語通訳を担当。
※以下、田村氏の発言は個人的見解であり、日本政府の公式見解を反映するものではありません。
前編より読まれる方はこちら
梶取:東大を出て外務省に入られるわけですが、外務省の選択も自分でされたのですか。

田村:はい。イートン校から帰ってきた頃から、自分の特性を活かしつつ、世界各地に行ける仕事と考えると外交官というのが面白そうだと。もちろん、いろんな人に相談した時に、外交官というのは政府の立場で動かなければいけないと制約もあるぞと言われました。その制約の中でも、やはり自分のやりたいことを追求しつつ公のためになるのであればいいと思いました。一挙両得感を考えて外務省を目指したというところです。

校長対談第2回(後編)yobi_1

梶取:外交官の仕事について、少し教えていただけますか。

田村:本省と在外公館で大きく異なります。「脳」が本省、「手足」が在外公館とイメージしてください。全ての意思決定、今後の大方針を決めるのが「脳」である本省。その「脳」から指令が来て、こんな情報を集めろ、こんな人に働きかけろ、その結果を刈り取れというのに応えるのが「手足」である在外公館です。
多くの外交官は、まず本省で下働きをしたあと、研修語学を指定され、2〜3年間の国外研修に出ていきます。研修終了時に、一人前の外交官として通用する語学レベルに達するための制度です。
私の場合は、イギリスのケンブリッジ大学に留学しました。そこで2年過ごしてから、在ガーナ日本国大使館に勤務して、まさに「手足」の仕事をしました。本省に戻ってきてからは、「脳」の仕事。在外公館に指示をする、あるいは政策の意思決定をする部署で5年半働いています。
▶在ガーナ日本国大使館では、東日本大震災からの復旧をアピール。
梶取:では、ケンブリッジから日本に帰らずにガーナへ。

校長対談第2回(後編)yobi_2

田村:はい、そうです。外務省のシステムというのは面白くて、研修に出てから、大使館の人事担当に配置の希望を出します。その人事担当が、希望を元に配置をしていくのです。昔は、直接本省に帰されるということも多かったのですが、現在の駐米大使が、外交官たるもの一度は在外公館を経験するべしということを決めて、 今ではこのような制度に変わったと聞いています。私は、イギリスが好きだったのでロンドンに残れればいい、それが叶わないならどこでも良い、本省に帰るのだけは勘弁してくれと希望を伝えていたところ、ある日連絡が来て、ガーナに行ってくれと。ガーナか、ガーナってどこだっけというのが最初の印象でした (笑)。
梶取:嬉しかったんですか。

田村:意外な感じでした。エジプト以外のアフリカには行ったことがなかったし、幸い独身でもありましたので、アフリカ各地を回れるなら面白そうだなと思いました。

梶取:話が戻りますが、研修では、自由に語学を選べるのですか。

田村:まず内々定の面接の時に、専攻する語学の希望を尋ねられます。総合職では英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、アラビア語、そして年によっては朝鮮語。専門職では40以上の原語がある中で、その年に募集される幾つかの語学の中から選べます。そうして入省する半年くらい前、内定のタイミングで、「あなたは何語です」と言い渡されるシステムになっています。

梶取:すると、ある程度希望は通るのですか。

田村:はい、でも全く希望が通らないこともあります。第5希望にも書いていなかったのにアラビア語になったという人もいます。その時は彼も青ざめていましたが、今では立派なアラビストになって活躍しています。語学で人生が変わりますからね。

梶取:ガーナはどんな国でしたか。

田村:西アフリカの中では極めて安定した国で、人々は陽気で明るくて、初めてのアフリカ経験がガーナで本当に良かったと思っています。JICAが送っている青年海外協力隊も治安が良いので、日本からも女性隊員を大勢送ることができます。在住する日本人の数は200人位でアフリカにしては多いのですが、諸外国と比べると圧倒的に少ない、狭いコミュニティで暮らしていました。

梶取:何年間、勤務されたのですか。

田村:2年です。ガーナにいた時に、東日本大震災が起きました。当時、私は広報文化を担当しておりまして、ガーナのテレビ局に出ろと上司から言われ、日本の現状をアピールしたことがあります。震災から2週間位が過ぎた頃で、原子力発電所の事故もあり、混乱している頃で、ガーナの人たちは、津波があって大地震があって、日本が壊滅したといった印象を持っていました。日本のものは全部放射能に汚染されているという風評被害もありました。誤解を解きほぐすために、正確な情報発信をするというのも外交官の仕事の一つでした。

梶取:テレビでは、どのようなことをアピールされたのですか。

田村:日本が壊滅したのではないことをアピールするために、常磐自動車道の写真を使いました。震災直後の写真と1週間後の復旧した写真をインターネットで見つけて、これはアピールするのにちょうどいいだろうと。「皆さん見てください。日本全体が壊滅して放射能まみれになっていると思っているかもしれませんが、実際はこのように復旧していますよ」と話しました。これは、別に指示があってやったわけではありません。自分が与えられた仕事の中で、これくらいは自分の裁量の範囲があるだろうということで自分の判断でやりました。自分の創意工夫も活かしつつ仕事ができる、それがひいては国のためにもなるという点で非常にやりがいのある仕事だと思います。

梶取:あの当時は、大変な映像ばかりが流されていましたから。日本全体が壊滅したかのような印象がありましたね。ちょうど国外研修に生徒を送り出す時期だったのですが、1週間ほど遅らせました。が現地の空港でインタビューを受けたりして、親と今生の別れをしてきたのかと。そういうイメージで取られていました。

—————ガーナの人は、どの程度日本のことを知っているのですか。

田村:ほとんど知らないと思います。ただ、ガーナは野口英世が亡くなった国なんです。彼は当時、黄熱病の研究をしていたのですが、旧イギリス領ゴールドコースト(現在のガーナ)に、自分のワクチンでは効かない黄熱病があると聞いて、治しに来た結果、本人が黄熱病にかかって亡くなりました。いまでも野口英世の使っていた研究室が残っていて、日本政府も援助して保存をしつつ、展示をしています。この話は一部のガーナ人には知られていますが、大多数の人には、トヨタや日産といった極めて限定的なイメージしかないと思います。

梶取:我々だって、アメリカのことを知っていると言ったってほんの一部しか知りませんからね。

田村:その通りです。ガーナと聞いてチョコレートしか思い浮かばない方は多いと思います(笑)。
▶「毎回、これが最後かもしれない」
通訳担当官の仕事は、真剣勝負の連続です。
梶取:だからこそ、外交官の使命の一つに広報活動が入るのですね。本格的な通訳業務は、東京に戻ってからですか。

田村:先ほどお話しましたが、2年間の研修終了時に一定レベルの語学力に達している必要があります。その達成度を見るために統一語学試験という制度がありまして、 全世界で全く同じ試験を行い、一元的に外務省の研修所で評価します。試験の結果、語学レベルが認められると、東京に戻った時に通訳官としての養成を受ける ことができます。私も、東京に戻ってから通訳学校に通わせていただいて、本格的なトレーニングを受けることになりました。
梶取:通訳の現場では、瞬間瞬間の判断が必要になるでしょう。いろんな国の方が英語を使いますが、訛りがあったりして、そこを理解していかないといけないですね。

田村:そうです。そこが通訳官としての醍醐味でもあるし、難しいところでもあります。いま、私は外務省の通訳担当官として総理や外務大臣の通訳を担当していますが、本当に大勢の方とお会いになります。最近では、Youtubeがあるので、相手国の要人が英語で話されている動画を探して、事前にある程度その方の癖を勉強することもしています。もちろん、動画が見つからない方も多くいますし、またどういう文脈でどういう話が交わされるのか、事前勉強が通訳成功の8割を占めると言ってもいいと思います。

校長対談第2回(後編)03

梶取:日本人は曖昧な言い方をしますよね。例えば、「よろしくお願いします」というのをどのように訳すのか難しいですね。

田村:おっしゃる通りです。「よろしくお願いします」もそうですし、「ここが正念場です」とか(笑)。そういう非常に日本語的な感覚を上手くすくい取って、間違いではない訳を英語で出すこともしますし、相手側が喋ったことを解りやすく日本語で表現するという力が、瞬間的に通訳に求められます。

梶取:断定的に言いたくないことをぼかして言うのだけれど、意思が伝わるように訳さないといけない。大変ですね。

田村:もちろんそうです。要人と会う前には、発言要領を事務方が作って、直前の勉強会で確認しあってから会談に臨みます。例えば、相手はこういう人です。相手が言いたいのはこういうことです。こちらからはこういうことを言ってください。積極的に言う必要はないけれど、向こうがこの話をしてきたらこう返してください、というようなことを確認します。通訳は当然その場にいて、資料は事前に得られるのですが、往々にして筋書き通りには進みません。相手が想定していなかった論点を提示してきたり、日本側要人も、政治家として筋書きにないことを話し出すということが多々あります。ある会談であった例では、私が通訳を担当した方が、事務方が用意した発言要領のある箇所を意図的に外して話したのです。それはミスではなくて、相手に伝えるのは適切でないと彼がその場で瞬間的に判断して外したのです。私もそれに応じないといけません。気づかず原稿通りに訳していたら、そこでバッテンになってしまう。そんな冷や汗をかいたことが何度もあります。

梶取:面白い反面、真剣勝負ですね。

田村:官邸で通訳を担当するときは、毎回これが最後の通訳かもしれないと言い聞かせながらやっています。これで失敗したら、クビだなあと思って。通訳担当官になって3年、そんな感じです。

梶取:外交官としては、その場の空気を読むというのも大事ですね。

田村:そうですね。発言するタイミングとか、あるいはあえてここでは発言しないほうが良いとか。国際会議で日本人は黙っていて上手く話せないとよく言われますが、それは大きな誤解です。外交の場でどう立ち振る舞うのが良いか、海外の人たちも、かなりセンシティブに判断しているところがあります。自分の発言がどのように受け取られるのか、どういう順番でどの程度の長さ、どのように話をするのか、というところまで計算してやっています。
▶引き出しをいかに多く持つ人間になるか。そのための種子が、武蔵ではたくさん蒔かれています。
梶取:教育の現場ではグローバルが流行っていて、「本校はグローバル教育をやっています」と言われるケースが多いので すが、私はそこに違和感を感じています。英語を話すとか海外に行くとかの狭い意味で語られているような気がしています。英語ができてもそれだけではダメだ と思うのですが、田村さんはコミュニケーションに大事なことは何だと思いますか。

校長対談第2回(後編)04

田村:私は、「引き出しの多さ」という言い方をします。それは、通訳でもそうですし、外交官として話をしている時もそうですが、自分が30代になるまでにどれだけ基礎教養を 貯めておいて、遭遇する様々なバックグラウンドの人たちと適切に話ができるか、楽しく話ができて、しかも不適切なことを言わないようにできるのかというところが最も重要なことだと思っています。
 もちろん、ツールとしての英語、あるいは他の外国語の能力というのは極めて重要です。本来とてもポテンシャルがあるのにもかかわらず、外国語が不自由なために大した人ではないと思われてしまう人を、これまでに何人も見てきました。反対に、外国語が流暢に喋れるからといって、その喋る内容が乏しいと、早々に相手に見切られます。

梶取:そうすると、その教養を培うためにも、中学高校の6年間に基礎的な力を養うということが大切ですね。

田村:基礎的な力を養うということもそうですし、一見無駄のようなことに見えたことが、将来思わぬ形で身を助けるということもあります。
 例えば、高校3年の加藤侃先生の授業では、受験で忙しい高校3年の地理で1学期間を掛けて、北東航路と北西航路の探検の歴史を取り上げました。19世紀末に北欧出身のナンセンやノルデンショルドが、北極海、あるいはカナダの北を回ることによって、もっと短いルートで世界と交易ができるのではないかと探検に出た、その歴史について何時間も話をされました。「受験直前にそんなことやっている場合ではない」という雰囲気の同級生もいましたが、私はその話が好きで、ずっと聞いていました。その後、ケンブリッジ大学留学中、極地探検をやっている人たちとディナーのテーブルで一緒になったのですが、ナンセンやノルデンショルドの話をすると一気に話の花が咲き、友好を深めることになりました。これも武蔵で培った教養のあり方だったと思います。
梶取:なるほど。いろんな授業で種子は蒔かれています。種子だと気がつかないと素通りしてしまうし、気づいて育てていくのは一人ひとりかなと思います。

校長対談第2回(後編)05

田村:そう思います。武蔵が面白いのは、いろんな教科で種子が蒔かれていて、私に蒔かれた物理や数学の種子は、おそらく全滅したと思うのですが(笑)、うまく芽を出していった人もいると思います。
私のクラスメイトだった友人は、授業の間、ずっと折り紙を折っていました。どうして折り紙ばかり折っているんだろうと思っていたら、今では折り紙工学の専門家になって東大の助教をされています。彼は、物理などの授業で、私が世界史や地理で受けたのと同じような刺激を受けたんだと思います。
高校生になると、どれでも全部できるというより、将来何になるか、遠い将来を見据える時期だと思うので、それぞれの分野で芽を出したものを育て始めたということかと思います。私に数学の種子を蒔いてくださった先生には、大変申し訳なく思っています(笑)。
▶自分だけの立派な船を建造し、大海原に船出をして欲しい。
梶取:武蔵生や受験生、いまの子供たちに伝えたいことを伺いたいのですが。私は、一人ひとりが自分の船を持っていて、その船で、自分がどこに行くのかを選ぶのだと思うのです。

校長対談第2回(後編)06

田村:先生がおっしゃるとおり、中学高校の時期は、自分の「船を造る」時期。また、航海術を学ぶ時期にあると思います。特に中学は、どんな船にも必要なことを学んでいる時期です。そして高校生になってくると、自分はどういう船を造りたいのかを考え始める時期だと思います。
やはり、子供たちに伝えることとしては、高校生くらいになると将来何をやりたいのかを大まかに考えて、それに向かって船を造り始めること。少なくとも、将来 自分一人で出港し、誰も助けてくれない中、進む方向や目的地も自分で決めなくてはいけない、ということを予め意識した上で、授業に望むなり、好きなことをやっておくなりしておけば良いと思います。
それを知っているかいないかで、授業を受ける目的意識も変わってきますし、様々な施設がある武蔵の環境を有効活用する度合いも大きく変わってくると思います。

梶取:船を造るのは自分だということですね。

田村:もちろん、いろいろと先生に助けてもらうことはあると思いますし、親のアドバイスも重要だと思うのですが、船を造るのは究極的には自分です。後になって分かることですが、世界には、もっともっと立派な船を造っている同級生がいっぱいいて、自分がいざ出港する立場になると、否応なくそういった非常に強い船たちと競争しなければいけない立場に立たされます。武蔵にいる間は楽園の中にいて良いかもしれませんが、いずれこの楽園からは追放されます。
どういうタイプの船で、どのような付加価値をつけて、どういう目的地に向かいたいのか、これは一人ひとり違っていて、先生から言われるものでもないし、自分で選ぶしかないものだと思いますね。

梶取:武蔵生に対して、大学受験にどのように臨めばいいですか

田村:表現が難しいのですが、敢えて言えば、できるだけレベルの高い大学を目指したほうが良いと思います。同級生のレベル、教授たちのレベル、一流の中でしか得られない経験が間違いなくあります。高みを目指すことを貪欲にやっていく時期だと思います。それによって得られるものというのは、アンフェアなぐらいに違うんですね。その後の人間関係、職業のあり方やそれを目指す環境など、本当に大きく変わってくると思います。

梶取:そうですね、高みを目指して頑張って欲しいと思います。本日は、大変に興味深い話をたくさん伺いました。ありがとうございました。

田村:こちらこそ、楽しい時間でした。ありがとうございます。
to-top