トップ
TOP

トップ 校長対談「学びの土壌」校長対談「学びの土壌」第4回(後編)

一橋大学大学院言語社会研究科・准教授 三原 芳秋氏(後編)

イギリスとアメリカ、そして京都へ。
異なる地で鍛えられ、再発見する母校・武蔵の土壌。

校長対談第4回(後編)01

プロフィール
左:三原 芳秋(みはら よしあき)
1993年武蔵高校卒業(在学中に1年間イートン校(英国)に留学し、同校も卒業)。1997年東京大学文学部英語英米文学科卒業、同大学院修士課程に進学(修士課程在籍中に非常勤講師(英語)として母校で教鞭を採る)。2000年修士課程修了と同時に、英文研究室助手に就任。2001年同職を辞して渡米、コーネル大学英文科に留学(2013年博士号取得)。2004年に帰国し、お茶の水女子大学(2005-7)、同志社大学(2007-15)を経て、現在は一橋大学大学院言語社会研究科・准教授。専門の英文学研究を中心に、文学理論・思想から植民地朝鮮まで、ひろく〈人文学〉一般に関心を持ちつつ研究・教育に従事している。

右:梶取 弘昌(かじとり ひろまさ)
1952年東京生まれ。1977年東京芸術大学声楽科卒。1977年武蔵高等学校中学校芸術科非常勤講師。1988年、同校の専任教諭となる。2011年4月より校長。アレクサンダー・テクニック、ドイツリートの研究・演奏を現在でも続けている。
前編より読まれる方はこちら
▶武蔵で学べることは恵まれている。生徒には、その意味をしっかりと考えて欲しい。

校長対談第4回(後編)02

校長が署名し卒業生に贈られるトマス・グレイの詩集
梶取:イートン校にいると階級を意識するでしょう。いわゆる階級社会の良さとか悪さをどう感じていますか。

三原:イートン校には卒業式がないのですが、アンダーソン校長先生がチャペルで卒業生を前に、「現実の爵位やらにかかわらず、諸君は、ここイートンで教育を受けたという点で、まちがいなく特権階級である。そのことの意味をしっかりと考えなければならない」と説かれました。「階級」というものは社会的・構造的に決定されているものなのですが、それを単純に善悪で区切るのではなく、その「現実」に対して自分はどう考え、どのような立場をとるのかが大事ですね。
梶取:イートン校とは比較できませんが、武蔵に入学できるだけでも、ある意味、恵まれた家庭だと思っています。「君たちは恵まれているんだよ。恵まれているのだったら、やることがあるだろう」と生徒には話しています。

三原:そうですよ。これだけ格差社会になっているので、こういう私立学校に入学できるのは、ある一定層の子弟に限られますから。

梶取:日本の中でも、階級化というか、子供の貧困が進んでいます。武蔵は大事だけれど、それ以上に日本の高校生たちがしっかり勉強できる環境を作らないといけない。教育者の務めだと思います。
▶出会うべき先生に出会わないと、大学に行く意味がない。
梶取:大学生活はいかがでしたか。

三原:駒場にいた1〜2年の時は、本当に授業に出ていませんでした。いまになって、すごい先生がいたのに授業を受けなかったことを非常に後悔しているのですけれど。その代わり、本郷の柴田翔先生のゲーテの授業に潜っていました。先生がその年で御退官なさることを知りましたので。

梶取:大学は、そういうところですよね。真面目に出席すればよいのではなくて。

三原:僕は現役教師ですので、「出なくて良い」とは言えません。誰も来なくなってしまうと困ります(笑)。

梶取:この先生と出会えて良かったと感謝できる人が、何人かいるでしょう。

三原:そうですね。そうでないと、大学の意味がありません。

梶取:私もドイツリートが好きで演奏会でも歌っていますが、柴田先生のゲーテに関する本はよく読みます。先生の授業が受けられたというのは幸せですね。

三原:実は、柴田先生の御兄弟はみんな武蔵なんだそうです。おかげで、つい最近の出来事なのですが、「実は、僕も武蔵なんです・・・先生の御退官の年に、駒場から先生のゲーテの授業に潜りに行ってたんです・・・」と声をかけることができた、なんてこともありました。

梶取:そうですか。それは、知りませんでした。さて、卒業されてからは、教える側に立つことになるわけですね。

三原:僕は、大学院で修士課程を修了したあと、研究室の助手になっています。普通だと、そのまま大学の先生になるのですが、このままレールを敷かれているのは嫌だと思って、アメリカに留学しました。たまたま、フルブライト奨学金の張り紙を見て、これに受かったら、さすがに仕事を辞めさせてくれるかなと思って。

梶取:アメリカには何年行ったのですか。

三原:2001年の8月から2004年の12月までです。本当はもっと長くいたかったのですが、博士課程の途中で帰ってきました。

梶取:それはまた、どうして。

三原:こちらの先生方が、三原を野に放っておくとロクなことはないとでも思われたのか、勝手に僕の就職を決めてしまわれたのです(笑)。それで泣く泣く帰って来ました。ABD=all but dissertation(博士候補生)という資格で帰ってきて、その後教員をしながら博士論文を仕上げて、やっと修了しました。

梶取:どこに就職されたのですか。

三原:お茶の水女子大学で任期付きの講師になりました。実は、心の中では、お茶大で2年間やって、またアメリカに戻ろうと思っていました。それが、どういうわけか、気づいたら京都の同志社に行ってしまうことに(笑)。成り行き人生ですね。結局、京都に8年いて、一昨年に誘いを受けて一橋に移り、現在に至ります。

梶取:英文学がご専門ですが、一番の専門はどの辺りですか。

三原:T. S. エリオットという主に20世紀の前半に活躍した詩人・批評家の専門家ということになっています。でも実際はいろいろやっています。エリオットは核にはありますけれど、いまの職場では文学理論や現代思想なども教えています。
▶成長するために、「やさしさの共同体」から一度切れてみる。
梶取:この対談は武蔵受験生向けでもあるのですが、メッセージをいただけますか。

三原:そうですね。やっぱり勉強を楽しんで欲しいと思います。僕は、単純に、楽しかったんです。知的刺激があって、新しい知識を得ることができる。そして武蔵に来て、小学生の頃とぜんぜん違う先生たち、いまだからこそ分かることですが、大学の先生みたいな人がゴロゴロといて、そういった先生方から色々な刺激を受けられるということが、どれだけ楽しいことか。勉強を、そのように考えて欲しいと思います。

梶取:武蔵生へのメッセージにもなるわけですが、いまの生徒は、三原さんたちの時代と比べて遥かに聞き分けの良い子たちなんです。

校長対談第4回(後編)03

三原:若い人を見ていると、みんな「やさしい」なって思いますね。お互いに波風を立てない、すごくケアしあっている感じがします。それはそれで決して悪いことではないし、僕たちの世代とはなにか違うものが生まれてきているのかな、という気はします。ボランティアとかすごく好きですよね。大学生でもそういったところがありますね。

梶取:確かにやさしい。それは良いけれど、たとえ人とぶつかっても、やらないといけないという時がある。そこを乗り越えて欲しいと思うのです。

三原:いまいる場所から一回切れるということが、若い頃は重要だと思います。とくにいまの子たちはLINEなどで24時間徹底的につながっているので、そこから一回切れるということが自分を育てる経験になると思います。僕の場合は留学でしたけれど、「やさしさの共同体」みたいなところからいったん切れてみるということは、とても重要だと感じます。
▶「優秀」よりも「おもろい」を大切にする武蔵の風土。
梶取:武蔵生には武蔵愛があるとよく言われますが、三原さんはどのように感じていますか。

三原:先生方は、僕のことを「イートン校に行った生徒」とかいうふうに覚えておられるかもしれませんが、僕の同期に聞けば、たいていは「教壇でタップダンスを踊った男」と答えると思いますよ(笑)。

梶取:そうなの。

三原:そういった「面白いこと好き」な関係というのが武蔵にはあると思います。

梶取:「面白いこと好き」な関係ですか。
三原:京都では京大の人と付き合うことが多かったのですが、すごく居心地が良かった。武蔵と似ている感じを持ちました。引っ越ししたての頃、鷲田清一『京都の平熱』(講談社)を手に取って読んでみたのですが、そこに、「京大では『おもろい』が最高の誉め言葉」といったことが書かれていて、我が意を得たりと思いました。東京では、「だれそれは『優秀』だ」という表現をよく耳にします。「優秀」というのは、ある組織のヒエラルキーのなかで、その組織の論理・基準に従って点数をつけると「高得点」ということです。

校長対談第4回(後編)04

梶取:なるほど。

三原:武蔵でも、良い成績を取ったことではなくて、タップダンスを踊ったという「おもろい」ことで覚えられる。もともと授業でも部活でも遊びでも面白いことが好きだったので、京都に行った時も心地よかったのですね。武蔵と似たニオイのする人が、京都には数多くいました。そういった風土が、武蔵にはあると思います。

梶取:最近、京都志望が多い理由がわかります。

三原:一橋に移る時に、京都を離れたくなくて、本当に悩みました。僕は、もともと京都と縁故のある人間ではありませんが、武蔵での経験と触れ合うものがあったんだと思います。官僚的というのか、組織化された中での優劣を言われるのがすごく苦手なんです。組織の中で自分の位置取りを決めていかなければならないという生き方が。「あいつ、おもろいなぁ」みたいな感覚には、じつに武蔵的なものがあるんじゃないかと思います。
▶エキセントリックこそが、武蔵の真骨頂。
三原:では、なぜ最終的に移籍を決断したかというと、実は一橋の言社研というところもじつに面白いのです。国立市にあるのですが、東京の中心から離れています。武蔵も離れているでしょう。これ、重要ですよ。都心との物理的な距離感。

梶取:武蔵は田舎だという認識、世間でもありますよね。

三原:中心から離れていることは、理論的に言っても重要な事です。そこにいる人間、先生方もそうだけれど、都心の学校に対する田舎者の劣等感があるんですよ。武蔵の土臭い感じ。その劣等感が、結構重要です。中心の、いわゆる優秀性によってできあがるヒエラルキーの中で活躍しようという発想と、ひとつ田舎で面白いことをやってやろうじゃないかという発想の違い。武蔵が田舎にあって良かったと思いますね。

梶取:田舎者をアピールしましょうか。

三原:「中心からはずれている」ことを英語の先生的にいうと、eccentricです。ex+centric。中心から外に出ているということです。

梶取:ああ、なるほど。

三原:「おもろい」に通じますが、「組織の論理」なんてものを笑い飛ばしてしまうような、eccentric(奇想天外)な、つまりex-centric(中心から外に出る)なものこそ大切なんだ、という価値観ですね。だいたい、エキセントリックな人がクリエイティブなことをしますでしょう。「中心」では、実績を見せろだの、論文も数で競うとかになりがちです。それよりも、「なんか面白いことをやろうよ」という感覚で繫がりあえる環境。そこでは、「おまえ、ほんまにおもろいなぁ」というのが、一番の褒め言葉になる。そんな土壌が武蔵にはありましたし、これからもあって欲しいと思います。

梶取:「おもろい」が評価される学校であり続けられるように、頑張らないといけませんね。
▶子供扱いしない。高校生をいっぱしの大人として扱うのが旧制高校から続く武蔵の土壌。

校長対談第4回(後編)05

梶取:山本賞を受賞しましたね。

三原:物理部では、部で山川賞を取るというのが宿願なわけです。取れなかった代は屈辱を味わいます。僕は、残念ながらイギリスに留学したために、物理部での山川賞応募はできませんでした。ただ、イートン校では、Aレベルと言われる大学資格試験に付属する自由論文を書いていました。「19世紀後半に、なぜ日本はヨーロッパの植民地化を経験しなかったのか」というタイトルです。
梶取:明治維新前夜の歴史ですね。

三原:そうです。それで、試験の付属論文で終わらせるのは勿体ないと思い、帰ってきて山本賞に応募しました。河合秀和先生というイギリス史や国際関係論の大家に審査を依頼していただいたのですが、審査結果と一緒に、先生は御自身の論文の抜き刷りを送ってくださり、「受験が終わったら会いにいらっしゃい」というメッセージまでいただきました。結局、会いに行けなかったのを後悔しています。

梶取:以前から、応募論文は外部の専門家に評価してもらっていましたからね。

三原:当時は存じ上げなかったのですが、大先生ですよね。そのような先生に審査していただくというのは、たかが高校生の論文なのに、本当に大人扱いというか、いっぱしの研究者扱いです。当時は、その有難味がわかりませんでしたけれど、これは多分、旧制高校的な発想ですね。高校生というのは、いっぱしの大人なんだという。本当に、かけがえのないものを武蔵からいただきました。

梶取:今回は、武蔵の土壌を再確認できる貴重な対談になりました。本当にありがとうございました。

三原:最後にひとつ。中1でいきなり高3と会えるわけでしょう、記念祭小委員会や代表委員会で。あれも、すごい経験ですよ。こっちは半分小学生で、あっちは大人。そこで出会った先輩が、何年後かにいろんな分野で活躍なさっているのを見かけると、「やっぱり面白いことやってるなあ」と刺激になります。さっきのエキセントリックではないけれど、東大進学率といったオフィシャル・ヒストリーからはずれたところで、「列伝」的な暴れ者がいっぱいいる。これも良い伝統だと思います。僕も、その伝統に連なりたいと思います。

梶取:楽しみにしています。

三原:こちらこそ、楽しい時間でした。ありがとうございました。
to-top