トップ
TOP

トップ 教育内容野外研究奨励基金

野外研究奨励基金

生徒の自主的な研究活動やボランティア活動をサポートします

武蔵では、生徒による自主的・個人的な研究活動や、ボランティア活動を多いに推奨しています。こうした野外における活動に要する交通費、宿泊費、調査研究費の一部(半額程度が目安)を選考の上で補助しています。

過去に補助を行った研究(一部)

・薬師寺青年奉仕活動
・霞ヶ浦移入生物の調査
・北海道に於けるリゾート産業の実態
・富良野ほか観光地開発の調査
・老人保健施設介護活動
・関東武士研究
・河口湖と阿寒湖のマリモ研究
・京都文化物保全に関する調査(落書きについて)
・四国脇町のうだつの町並み
・アイヌ民族研究
・太地・鯨の信仰と捕鯨分化
・佐渡・トキを野生に復帰させる取り組みについて
・太宰府調査
野外研究奨励基金のはじまり
1997(平成9)年1月、ロシアのタンカー、ナホトカ号の座礁事故が起こりました。福井県三国の沿岸は、打ち寄せた重油で真っ黒になり、油にまみれた水鳥の写真が全国に流れて、その重大さに対する衝撃が広がりました。一艘のタンカー事故が、近隣の漁業に壊滅的な被害を与え、同時に、生態系にも深刻な影響が懸念されたのです。その時、全国から多くのボランティアが集合し、その活躍ぶりも大きくニュースで取り上げられました。

そこに、武蔵の高校生の幾人かが参加していたのです。福井県まで駆けつけ、寒風のもと、漂着する重油を柄杓で掬い、岩に付着した油を素手で拭い取るという作業に参加し、汗を流してきたというのです。この生徒たちが、そうした気持ちを抱くに至った経緯は詳らかにしませんが、その体験談は大変興味深いものでした。

同じ学校の人間として、こうした行為を誇らしく思うと同時に、さて交通費などはどうしたのか―勿論自前だったのですが、そのくらいの旅費をなんとか援助できないものだろうか、という声が誰ということもなく上がりました。

その時考えたことが、この「野外研究奨励基金」の発足の契機となったのです。
to-top