トップ
TOP

トップ 卒業生の声武蔵で学んだこと

卒業生の声

武蔵で学んだこと

川副祐太(83期 平成21年3月卒業)
 
武蔵を卒業してはや一年が経過した。この一年の大学生活を通して様々な事に気付かされた。例えば、武蔵で培ってきた事がいかに実用的か、あるいはいかに大学でも通用するか、ということだ。中学一年からレポートを書かされる学校はそうはないだろう。当時の我々からすればいきなり崖に突き落とされた様なものだったし、当然その"レポート"のできは今からすれば酷いものである。しかしそれより6年間、武蔵生は数え切れない本数のレポートを書き続ける。自分の大学でのレポートに対する意識はいくらか他に比べて違うように思う。他にも、今だからこそ武蔵について思うところは多々ある。

一つに武蔵は自由であるとよく言われる。学校自身が自由を掲げているわけではないが、確かに武蔵は自由であると思う。しかしそれは決して放任主義であるとか、何をしても許されるという意味ではない。この六年間で私が学んだ事はむしろ、自律―いかに自らをコントロールするか―である。そして武蔵は生徒が自律を効かせている限り、決してその個人の可能性を潰す事はない。言いかえれば、学校の側が一本のレールを敷く事はない。その意味で武蔵は自由なのだと思う。道のりが違えばもちろん行き着く先も違うし、それが先生の期待する結果と違う事もあるかもしれない。レポート課題であれば他人と結論が違う事は当たり前である。学校行事に深く関わってきた私としては、行事においても生徒が主体となる武蔵の姿勢を身に感じてきた。もちろんその過程に誤りがあれば先生達はそれを正すので、繰り返しになるが放任主義であるなどと思わないで欲しい。

さて、多くの方が興味を持ち、避けて通れない問題はやはり大学受験についてであると思う。非常に主観的になってしまうかもしれないがわずか一年前まで受験生であった身として少しばかり語らせていただきたい。武蔵は今日では受験に強くないという印象を受けていると思う。しかし結論から言わせてもらえば、決してそんなことは無い。受験どころか、大学においても通用する力を身に付けることができる、それが武蔵だ。塾があくまでも受験用の「勉強」の場であるのに対し、武蔵は「学問」の場であったのを今になってひしひしと感じる。そして、東大を受験した身から言わせて貰えば、大学が求めているのも学問のできる人間なのではないだろうか。東大受験において大切なのは基礎的な理解、的確な論理展開、そして日本語力である。それらはすべて、武蔵でしっかりと培う事のできるものだ。

強歩大会、記念祭と委員長を務めてきた私としては、武蔵の学校行事についても触れさせて欲しい。武蔵には強歩大会・体育祭・記念祭という三大行事がある。その詳細は学校HPの本校のあらましから学校行事というページがあるので、そちらを参照していただきたいが、上記のように生徒主体の運営が大きな特徴であるといえる。強歩大会はコースを決める所から市役所、警察等への許可申請まで生徒が行う。記念祭においても各参加団体の管理、校内装飾、広報活動など、すべて生徒が主体となって行う。生徒達の記念祭への参加も実に様々であり、「武蔵らしさ」が良く出ていると私は思っている。ただの娯楽団体が増えているというのは事実であるが、私としては娯楽団体を否定するつもりはないし、記念祭委員会が校内案内ツアーなど、様々な企画を用意しているので、是非一度足を運んでいただきたい。武蔵という学校の特色が少しは分かっていただけると思う。

最後に幾つかのメッセージを贈りたい。まず、武蔵への受験を考えている方へ。武蔵の良いところは、偏差値だけでは図れません。上でも述べたように記念祭を覗いてみたり、広い校内を歩き回ったりして直に武蔵を感じてみてください。次に、在校生へ。最近では早くから塾に通う人も増えているが、私としてはもっと武蔵での時間を大切にして欲しい。それは勉強とそれ以外の両面での話である。武蔵で学ぶ事は受験でも必ず役に立つ。あとは自身がいかにそれを吸収しようとするかだ。参考になるか判らないが、私が塾に通い始めたのは高三に上がってからであったし、それで十分であると思う。

これまで述べてきた事は、いくらか私の偏見もあるだろうし、拙い言葉のせいで上手く伝わらなかったかもしれない。それでも私の武蔵に対する思いのほんの一部でも伝えられたらと思い、執筆させてもらった。少なくとも私がいかに武蔵という学校に思い入れがあるか、それはわかっていただけたと思う。ただし、ずっと武蔵に固執しているわけではない。固執するわけにもいかない。今こそ武蔵の六年間で得た「世界に雄飛するにたえる」翼をもって飛び立つ時なのだと思う。

前へ

次へ

to-top