トップ
TOP

トップ 在校生と保護者の方へ保健室

保健室

保健室だより

保健室の利用について

●このような時利用できます
保健室は、けがをしたり、具合が悪くなったり、悩み事があるときなどに利用してください。内科や精神衛生の校医の相談も利用できます。

●利用の注意
中学高校合わせて一つの保健室です。マナーを守って利用してください。
薬が必要な人は、自分に合ったものを持ってきましょう。
保健室では基本的に薬はあげられません。

出席停止について

●学校において予防すべき感染症
学校保健安全法施行規則第18条に規定されている、学校で予防すべき感染症に罹患した場合、あるいは罹患している疑いがあるときは、学校保健安全法第12条に基づき出席停止となります。出席停止を要する病名、および出席停止の基準は、下表のとおりです。

健康が回復したら、下表の基準に十分配慮した上で、主治医に治癒証明書を作成してもらってください。回復後の登校初日、教室に行く前に保健室へ治癒証明書を提出してください。

治癒証明書(49KB)
病名出席停止期間
第一種(1)エボラ出血熱治癒するまで
(2)クリミア・コンゴ熱
(3)痘そう
(4)南米出血熱
(5)ペスト
(6)マールブルグ病
(7)ラッサ熱
(8)急性灰白髄炎
(9)ジフテリア
(10)重症急性呼吸器症候群
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)
(11)鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルス属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)
第二種(1)インフルエンザ
(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで。(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)
(2)百日咳特有の咳が消失するまで、又は5日間の適切な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
(3)麻疹解熱した後3日を経過するまで。
(4)流行性耳下腺炎耳下腺、顎下線又は下舌線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身症状が良好になるまで。
(5)風疹発疹が消失するまで。
(6)水痘すべての発疹の痂皮化するまで。
(7)咽喉結膜熱主要症状が消失した後2日を経過するまで。
(8)結核伝染の恐れがなくなるまで。
(9)髄膜炎菌性髄膜炎感染のおそれがないと認められるまで。
第三種(1)コレラ伝染の恐れがなくなるまで。
(2)細菌性赤痢
(3)腸管出血性大腸菌感染症
(4)腸チフス
(5)パラチフス
(6)流行性角結膜炎
(7)急性出血性結膜炎
(8)その他の伝染病
学校保健法施行規則 一部改正(平成24年4月1日公布、施行)による。

災害給付制度について

本校では、独立行政法人日本スポーツ振興センターと災害給付契約を結んでいます。学校の管理下において生徒が遭った災害(負傷、疾病、障害等)について治療費や見舞金の給付を保護者の皆様に対して審査の上で行う制度です。給付の内容等は、独立行政法人日本スポーツ振興センター法又はこれに基づく法令(政令、省令、通達等)に基づきます。該当の場合は保健室にご相談ください。
to-top