トップ
TOP
「ー卒業生が語るー 学びの土壌」

トップ 「ー卒業生が語るー 学びの土壌」第10回(後編)武蔵高等学校中学校 新校長 杉山 剛士 氏

武蔵高等学校中学校 新校長 杉山 剛士 氏(後編)

教育の営みは、人の成長を扱う営みです。未来を創る営みでもあります。

校長対談第10回(後編)01

プロフィール
左:杉山 剛士(すぎやま たけし)
1957年東京生まれ。東京大学教育学部教育学科卒業。同大学院教育学研究科修士課程修了。専攻は教育社会学。
埼玉県教育局文教政策室長、埼玉県立熊谷西高等学校長、埼玉県教育局高校教育指導課長、埼玉県立浦和高等学校長を経て、2019年4月より武蔵高等学校中学校校長に就任。

右:梶取 弘昌(かじとり ひろまさ)
1952年東京生まれ。1977年東京芸術大学声楽科卒。1977年武蔵高等学校中学校芸術科非常勤講師。1988年、同校の専任教諭となる。2011年4月より校長、2019年3月退任。アレクサンダー・テクニック、ドイツリートの研究・演奏を現在でも続けている。現在、楊名時太極拳準師範。
前編より読まれる方はこちら
▶「教師は学問をやれ。お前は、学問をやっているか」
杉山:岡先生は、教育実習が終わったときに、いろんな話をしてくれました。周りの社会科の先生たちにも、「この杉山という男はめずらしい男で、武蔵から先生になろうなんて言っている。どんなやつかと思ったんだけれど、けっこういいやつなんだ」と紹介してくれました。ただ、岡先生が言うには、「杉山、いいか。お前はいいやつだけど、だいたい教師になろう、教育をやろうなんてのは虫が好かねえ」と(笑)。

校長対談第10回(後編)02

梶取:岡先生らしい(笑)。

杉山:「教師は学問をやれ。お前は学問をやってるか。学問をやるんだ」と言われました。それで、自分の胸に手を当てて考えたときに、いろんなボランティア活動をしたり、多少は専門分野を勉強したけれど、本気になって学問をしたと言えるかと思ったときに、言えないと思い、売り言葉に買い言葉ではないですけれど、「よし、大学院に行こう」と。

梶取:素敵なエピソードですね。

杉山:それまで、あまり勉強していませんから、受かったあとの面接で、指導教官から、「杉山君、君は超低空飛行だね。でも全部クリアしたよ」と言われたのを覚えています(笑)。

梶取:大学院では、何を専攻されたのですか。

杉山:同じく教育社会学です。学部で2年やっていましたから、計4年間ですね。

梶取:岡先生はそう言ったけれども、それでも教師になろうと思ったのですね。

杉山:はい。教師を否定されたわけではなくて、学問をしなければいけないということでしたので。大学院の2年間で、学問とは何かが良くわかりました。加えて、大学院に進んで良かったことは、ネットワークです。教育社会学には有名な人がいっぱいいて、例えば苅谷剛彦さんは2つ上の先輩ですし、当時の指導教官は、天野郁夫さん。いまもつながっているということは、ありがたいことです。
▶教員への道は、多難なスタートでした。
梶取:それで、大学院を出られてすぐに教師になられたのですか。

杉山:それが、また屈折しているんですよ。当時、埼玉県に住んでいましたので、埼玉県の教員採用試験を受けて、受かりました。ところが、待てど暮らせど採用の知らせが来ないのです。それで、教育委員会に問い合わせたら、「もう、採用は終わったよ」と。名簿に名前が登載されているだけで、採用が約束されるとは限らないのですね。

梶取:どうされたのですか。

杉山:困ってしまって、教育委員会に聞きに行きました。そのときに、「君は、埼玉につながりがあるのか」「そもそも、君、なんで教師になるの」「東大の大学院まで行って、どうして先生になるの。聴きにくいけれど、なにか悪いことでもしたんじゃないの」と言われました(笑)。

梶取:へー。

杉山:学生運動崩れというのが、当時、たくさんいましたので、それを警戒されたなというのがわかって、そんなこともあって見送られたのかなと当時は思いました。それから、もう一つは親、特に母親が大反対。東大の教育学部というのは現場の教師を養成するのではなくて、大学の先生を養成するんだと話していたこともあって、それが高校や中学の先生になると言い始めたものですから。武蔵に入れて、東大にまで入れて、それなのに(もちろん学校の先生が悪いわけではないのでしょうけれど)、学校の先生はどうなんだと大反対して喧嘩状態になりました。
梶取:それは大変な船出でしたね。

杉山:そうなんです。家族からも否定されるし、埼玉県からも否定されたような気持ちになって、どうしようと思いましたけれど、それでもやっぱりやってみようと決めて、家を出て下宿生活をしながら、埼玉県に頼んで、臨時の教員をはじめました。次の採用試験では、いろいろと話を聞いているらしく、「杉山君、よくやってくれると聞いていますよ」と面接の態度も全然違って、採用されました。いま思えば、大変よい経験でした。

梶取:そこから教員生活を40年。

校長対談第10回(後編)03

杉山:30数年ですね。振り返ってみると3つの区切りがあります。まず、社会科の教員として13年間。それから教育委員会に勤めた期間が11年間。最後は浦和高校の校長なのですが、その前に熊谷西高校の校長、あるいは浦和第一女子高校の教頭という管理職をやったのが10年間。ちょうど10年くらいずつ、教員、行政、管理職という仕事に就いてきました。

梶取:豊富な経験が、最終的に浦和高校で実を結んだということですか。

杉山:そうですね。浦和高校の辞令をもらったときは、感慨深いというか、スタートラインが「不採用」から始まったわけですから。埼玉県では注目される学校でもありますし、頑張ろうという気持ちになりました。

梶取:浦和で5年。生徒や先生たちとの関わりはいかがでしたか。

杉山:とても、いい学校ですね。浦和ですごく大事にしている言葉が、「信頼関係と集団力」。合言葉になっていました。生徒と先生の信頼関係、先生と管理職の信頼関係、先生どうしの信頼関係。あるいは保護者やOBとの信頼関係など、ひとつひとつ積み重ねていこうとしていました。それから、浦和は公立高校なので、私学と比べるといろいろと足りないというか、例えば勉強も3年間で全部仕上げていかないといけないので、ハンディキャップはあるけれど、集団力でがんばろうという雰囲気がありました。幸せな5年間を送らせてもらいました。
▶10代は、「何者にでもなれるけれど、まだ何者でもない」世代。

梶取:杉山さんの教員生活を通じて、いまの子どもたちに、また武蔵を目指している子どもたちに伝えたいメッセージはありますか。

杉山:小学生に向けてですね。ひとつは、好奇心。「これ面白いな、楽しそうだな」という好奇心の芽は、潰さないほうがいいし、さきほどワクワクという話がありましたけれど、純粋な気持ちというのを大事にしてもらいたい。「すべての学びは、好奇心から始まる」という言葉がありますけれど、子どもたちはみんな、それを持っていると思います。もうひとつは、向上心。「いまよりも上手になりたい、いまよりも伸びたい」と思う気持ちってありますね。その好奇心と向上心があれば、学校で花開いていくと思いますし、武蔵にもその環境があると思います。

梶取:先輩として武蔵生に贈る言葉でもありますね。

杉山:そうですね。我々もそうですけれど、大人になっても好奇心と向上心は大事だと思いますし、本当はもう一つ、公共心も大事です。ただ、武蔵生は、まだ10代です。「何者にでもなれるけれど、まだ何者でもない」という矛盾した時期を生きています。未来は何にでもなれるという気持ちもあるけれど、まだ何者にもなっていない、責任も全然果たしていない不安な時期です。だから、右に行ったり左に行ったり、うまく行かないことは多いけれど、この一回しかない人生で自分は何を獲得しようかということを、時々でもいいから考えてほしいと思います。

梶取:杉山さんも私も高校生の時代は、彼らと同じように苦しんだり悩んだりの時期がありました。でも、振り返ると、悩むことも大事ですね。

杉山:大事です。昔のCMのキャッチコピーでありましたね。「みんな悩んで大きくなった」。本当にそのとおりです。

梶取:中学生でも高校生でも、その成長は、アンバランスです。バランスが悪いので、子どもたち自身が自分を持て余してしまうこともあると思います。

杉山:なるほど。

梶取:でも、そういうものだと思わないと。我々はロボットではありませんから。子どもたちは大人が期待した通りに動くわけではありませんね。

杉山:そうですね。教育の営みというのは、人の成長を扱う営みだと思います。成長とは何かという議論はあるかもしれませんが、成長することを否定する人は、あまりいません。ところが、成長というのは梶取さんがお話されたように、人によっても違うし、時期もぜんぜん違うし、あるいは、おまえ、成長しろと言って、すぐ成長するようなものでもありません。難しいですね。

梶取:そうですね。

杉山:だから、成長というものの難しさを、社会も保護者もよく理解する必要があるし、また、我々教師は、成長を扱っているプロだという自覚を持って、あの手この手を使いながら生徒を見守っていくことが大事なんだろうと思います。

梶取:難しい質問になりますが、最近は、教育の成果といったときに、短絡的なことが評価されがちな傾向にあります。東大合格者数が最終的な成果であれば、それは数値で見えるのですが、そうではない部分もあると思います。どのように考えていますか。

杉山:もちろん、教育の成果は、数値に出てくるものもあるし、それも大事なことだと思います。一方で数字に出ないものもあるし、いろんな尺度があると思います。教育の営みとは、人の成長を扱う営みという話をしましたけれど、未来を作る営みでもあります。眼の前にいる生徒というのは、生徒の格好をしているけれど、未来なんです。だから、多少自信がない生徒には、「お前いいじゃないか」と褒めてやることも大事だし、このままだとやばいなという生徒には、ガツンとやることも大事ですしね。

梶取:まったく同感ですね。

杉山:では、未来をどうやって測るか。卒業したときに、武蔵でよかったと感じてもらえること。それも非常に重要なファクターだと思うし、さらに言うと、卒業して30年、40年くらい経ったときに、武蔵で自分の未来、つまり現在の基本を作ってもらえたと評価できたり、自分の評価だけではなくて、社会や公共というものから、この人がいるのは武蔵のおかげだなというふうに結びつけてくれる評価がされるのであれば、非常に望ましい成果だろうと思いますね。

梶取:それぐらい長いスパンの評価になるわけですね。

杉山:本質的な評価とは、そういうことだと思います。ただ、瞬間風速も大事なんですね。ところが、瞬間風速だけで見る風潮というのはとても危険です。間違いなく。
▶学ぶ主体がワクワクすることが、アクティブラーニングです。

梶取:2年後に大学入試が変わるわけですが、どのような思いをお持ちでしょうか。

杉山:改革は大事だと思いますが、やはり陥りがちな穴というのは、何のための改革なのかというのが知らない内に忘れられてしまう、あるいは知らない内に曲解されてしまうとか、共通理解がされないままに、こう変わる、こう変わる、こう変わるということだけが独り歩きしてしまう。それがすごく陥りがちな穴だと思います。

梶取:確かに。

杉山:例えば、今回の改革でも、記述式が入りますよ、どうしますかとか、英語の検定試験が入りますよ、どうしますか、ということに振り回されてしまうのですが、そもそも何のために改革をするのかということに対する本当の意味での共通理解ができているかということが大事です。それが知らない内に、改革のための改革になりがちで、いわゆる目的と手段が逆転してしまうことは往々にしてあるので、やっぱり、なぜ改革が必要なのかというのをしっかりと考えるべきだと思います。

梶取:本当に、そうですね。

杉山:いま、日本だけではなくて、世界も含めてこれからの時代は先行き不透明ですし、そういった時代の中でどういった力を身につけるべきかという議論ですね。大まかな点ではかなり一致している部分があるので、そのための改革だということが大事だし、そこで求められている力が、いま初めて出てきたのかというと決してそうではなくて、これまでも十分に大事にされてきたことだと理解をしていく。いままでのやり方もリスペクトするということが大事だと思います。

梶取:例えば、指導要領にしても、終戦後、最初は混乱していたと思いますが、昭和26年の指導要領は、現在の教育が目指しているものとほぼ似ているように思えます。現在と同じように、主体性が大事と言っていたはずです。それを、アクティブ・ラーニングとかの新しい言葉に言い換えていますが、以前にもアクティブ・ラーニングに当たる教育姿勢もあったはずですね。英語の4技能ももちろん大事だし、記述問題もできないといけない。ただ、そこだけに特化すると、記述問題で点を取るにはどうしたらよいか、英語の4技能をあげるにはどうしたらよいかと本末転倒の教育になってしまう。そこが怖いです。
杉山:そこに走り出してしまうのですね。

梶取:走り出すと止まりません。

杉山:教育という分野は、みんなが関心を持っている分野なので、ちょっと言葉は悪いですけれど、教育をビジネスにしようとする人たちがいっぱいいるわけですから。そういうときに、本質にしっかり立脚するということが大事だと思います。アクティブラーニングもそうですけれど、これほど言葉が話題になって、少し授業を改善しようという契機になっている点では良いと思いますけれど、大事なことは、ワクワクするということですね。手法のアクティブラーニングではなくて、学ぶ主体がワクワクするということがアクティブラーニングであって、いわゆるアクティブラーナーを育てる。手法はいろいろあるわけです。

梶取:授業以外でもアクティブ。部活動も、生徒会も、すべてが学びであって、その中で生徒たちは成長していくわけですね。

杉山:そのとおりです。

梶取:武蔵の新校長として、そのような姿勢で臨まれるということでいいのでしょうか。

杉山:もうすぐ武蔵は100周年迎えますが、私は卒業以来、その半分近い年月を、武蔵に不義理をしてきました。だけど、今回、この話を頂いて、あらためて自分の人生の原点というのは武蔵に育ててもらったという思いを強くしています。ただ、その間、武蔵の状況をわかっていませんから、先生方、生徒諸君、同窓会、そしてPTAの皆さんにもいろいろ教わりながら、一方で、自分の人生で学んだことや、気付かされたこともいっぱいあるので、それをうまくお役に立てるように使いながら、梶取さんのバトンを受け継いで、どこまでできるのかわからないけれども、さらに次の100年に向けて武蔵を盛り上げていきたい。そんな気持ちです。

校長対談第10回(後編)04

梶取:ありがとうございます。武蔵も大切にしていただきたいのですが、教育に関しても発信していただきたいと思います。いまの教育がどう進むべきか、いろんなところでお話していただきたい。それが、結果として武蔵自身にもいい影響があると思っています。

杉山:承知しました。
梶取:武蔵を受験する子どもたちの保護者に対して、アドバイスをいただきたいのですが。受験は大変だけれど、男の子は、いろんなことをします。そこは、認めてほしいと思うのですけれど。いかがですか。

杉山:そうですね。好奇心というのは難しくて、子どもがいろんなことをするのを、親の判断でやめさせてしまうこともあると思うのですが、それが正解かどうかは判らないですね。いろんなことをやる中で、それが逆に良かったりする。だから、あまり制限をかけないということが、基本的にはあると思います。

梶取:ノーベル賞を取る人は、ある意味、究極の「オタク」です。本当にこだわっていて、その結果として、運良くというと失礼ですけれどノーベル賞を取ったわけです。こだわりがないと、大きな研究はできない。そういう可能性を子どもたちは持っています。

杉山:持っていますね。だけど、これがなかなか難しい。やめなさいとか、早くしなさい、ちゃんとしなさいと、つい言ってしまう(笑)。気持ちはよくわかります。
▶「三理想」は、生きるためのエンジンです。
梶取:最後に、三理想について伺いたいと思います。

杉山:三理想の中でとりわけ自調自考というのは、根幹としてずっと残っています。申し上げたように、高校時代にジャーナリストになりたい、大学に進学して、地に足をつけた生き方をしたい、教育学部に行って、いくつもの壁に悩んだけれど、乗り越えて道を開いていったら、道なき道ができた。それというのは、根幹に自調自考というか、自分で調べて自分で考えるという教えが生きていたんだとありがたく感じています。
 武蔵の学びの環境そのものが、まさに自調自考だったし、人生を生きるエンジンですね。さらに言うと、久しぶりにホームカミングデーに参加したら、武蔵讃歌を久しぶりに聴いて、最後のフレーズに感動しました。「学びの水はとこしえならめ」。つまり自調自考ですね。学んでいくという水は、エンジンとしての学び。自調自考というのは、とこしえならめ。そこまで思いが至ったときに、武蔵ってすごい学校だなと。

梶取:本日は、本当に楽しい対談でした。これからの武蔵を、宜しくお願いします。

杉山:ありがとうございました。

校長対談第10回(後編)05

to-top