トップ
TOP
「ー卒業生が語るー 学びの土壌」

ニュース一覧新型コロナウイルス感染症に伴う今後の諸活動実施可否について

2020.2.21

武蔵高中

在校生・保護者

Pick Up

新型コロナウイルス感染症に伴う今後の諸活動実施可否について

保護者各位、

 日頃より本校の教育活動にご理解をいただき感謝いたします。
 さて、各種報道にもあります通り、新型コロナウィルスの感染事例が日本でも報告されております。現在では「国内発生の早期」であり、国内での感染拡大を抑止することが重要です。2月18日付の文科省から各学校への通達では、以下のような行動が求められています。
  • 手洗いや咳エチケットなど基本的な感染症対策を励行する。
  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、無理をせずに自宅で休養する。
  • 大勢の人が長時間同じ空間にいる場合には、入口にアルコール消毒液を設置し、こまめな換気を実施する。
これを踏まえつつ今後の活動の実施可否について検討した結果、当面本校としては次の方針を取ることとしました。

Ⅰ.授業、試験や校友会活動など平常の活動は通常通り行う。
Ⅱ.宿泊を伴う活動は行わない。

 これに従い、4月6日までに予定されている部活動の合宿とスキー教室は、すべて中止と決定されました。一方、授業や、宿泊を伴わない行事、部活動等は通常通り行う予定でおります。卒業式については、実施の方法や形式を現在検討中です。

 生徒向けには、放送や掲示で基本的な感染症対策について注意喚起をしたほか、新型コロナウィルス感染症対策をテーマとする保健だよりを近日中に配布します。
 万が一ご子息に罹患の疑いが生じた場合は、無理をせず、お近くの保健所や病院、または学校にご相談くださいますようお願いいたします。
 今後、状況の変化に応じてその都度新たなご連絡を差し上げることが予想されます。その際には、フェアキャストや学校ホームページを利用させていただきます。ご注意ください。
 以上、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

校長 杉山 剛士
to-top