トップ
TOP

トップ 学校紹介校長挨拶

校長挨拶

校長 梶取 弘昌

自由と自立
武蔵高等学校中学校 校長 
梶 取 弘 昌
本校は1922年、日本で最初の七年制高等学校として創立されました。戦後の新しい学校制度の下で旧制高等学校をそのまま新制の高等学校に衣替えし、翌年中学校を設立、中高6年一貫校として現在に至っています。

教育の目的は、自分を磨き、自分が学んだものを社会に還元することです。自分だけの幸せを追い求めることは、教育の目的ではありません。学問を通し、知識を学び、それを咀嚼し外に向かって発信する。これができて初めて教育の目標は達成されるのです。

建学の精神である三理想は今でも大切な教育の柱です。この趣旨を現代的な解釈の下に生かし、生徒一人一人の潜在的可能性を引き出し、武蔵の6年間が生涯の基礎となるような学力・教養を身につけさせたいと考えています。大学進学も勿論大切ですが、卒業後40年、50年を経て社会を支えていけるような人物になることを願っています。
to-top