第二外国語

初級から上級まで継続して学ぶ

100第二外国語-2
旧制高等学校から続くドイツ語に、1973年からフランス語と中国語、1990年から韓国朝鮮語を加えて発展してきました。中学3年の総合的な学習として生徒全員がいずれかの言語の初級を選択し、学びます。高校では希望者が中級、上級と学び続けることができます。各言語とも初級からネイティヴスピーカーの教員による少人数のクラスを用意し、生きた会話力が身につくように工夫され、異なる言語を学ぶことによるさまざまな気づきや発見も大切にしています。上級まで進んだ生徒には、国外研修制度による派遣生として、海外の提携校で学ぶ機会も用意されています。また通常授業の他にも、各国料理の調理実習、交換留学生との交流会、映画上映といったイベントが特別授業期間などに開かれています。